ゴルフ初心者入門|覚えておきたいマナー/始めてのコース選び

Updated: 5 days ago


(写真/紫塚ゴルフ倶楽部・氏家コース)

ゴルフデビューをためらってしまう理由に、「マナーが厳しそう」という声があります。

ですが、ゴルフのマナーはお互いに気持ちよくプレーするための基本的なことがほとんど。いざコースに出てみると、景色の素晴らしさや自然の中で体を動かす爽快感に魅了される方が多いのです。最近では、ファッションを楽しみながらプレーする女性の姿も増えました。

そこで今回は、コースデビュー前に覚えておきたいマナーと、初心者のコース選びのポイントを紹介します。

【目次】 ・ゴルフを始める前に覚えておきたいマナー ・ゴルフ初心者のコース選びのポイント ・コースデビューにおすすめ!『紫塚ゴルフ倶楽部』(栃木県)

ゴルフを始める前に覚えておきたいマナー


ゴルフのマナーは、他のプレーヤーへの配慮とゴルフ場の環境保護という2点を押さえれば、自ずと身につきます。けっして敷居が高いわけではなく、難しいものでもありません。まずは、コースデビュー前に覚えておきたいポイントを紹介しましょう。

服装のマナー

ゴルフ場によって、服装マナーの「OK・NG」のラインは異なります。ここでは、ほとんどのゴルフ場でOK・NGとされる基本の服装マナーを見ていきましょう。

<クラブハウス入場時>

●男性:ジャケット着用が基本。シャツまたはポロシャツにスラックスやチノパン、革靴といったビジネスカジュアルを意識した服装が望ましい。


●女性:男性と同様にカジュアルすぎない服装が基本。ミニスカートやショートパンツなど露出が高すぎる服装は避けたほうが安心。

<プレー時>

●男女ともに襟付きのトップスを着用し、裾は出さずにタックインする。

●男性の場合、長ズボンが基本。

●女性はスカートやキュロットもOKのゴルフ場が多いが、丈が短すぎないように注意。

●ゴルフ用のシューズ・グローブ、帽子やサンバイザーは必須

基本的にNGなのは、Tシャツやタンクトップ、ジーンズ、ジャージなどラフな服装です。夏は男性の半ズボンが可能だったり、襟付きであれば女性のノースリーブをOKとしていたり、季節によって変わる場合もあります。

ドレスコードはゴルフ場によって違うので、事前に確認しておくと安心です。


全体的なマナー

ゴルフ場を利用する際の全体的なマナーとして、以下の5つを守って気持ちよくプレーしましょう。

●遅刻しない

ゴルフでは遅刻は厳禁。プレースタートの1時間前を目途に到着すれば、余裕を持ってプレーを楽しめます。どうしても遅れそうな場合は、必ず連絡を入れましょう。

●スロープレーに注意

ゴルフは順番にプレーをスタートするため、後続のプレーヤーがいます。自分たちの組のプレーが遅くなると、他のプレーヤーが待たなくてはならず迷惑をかけてしまうことも。コースに出たら「テキパキと行動する」「素振りは1~2回に収める」など、つねにプレーファーストを意識して、スムーズな移動を心がけるのも大切なマナーです。

●打つ人の邪魔をしない

ゴルフは集中力を要するスポーツ。打つ人がプレーに集中できるよう配慮します。打つタイミングにしゃべったり、物音を立てたりしないよう注意しましょう。素振りをするのもマナー違反です。

●ティボット跡の修復

ティボットとは、ショットのときに芝を削ってしまうこと。ティボット跡をつくってしまったら、自分で修復するのがエチケットです。初心者の場合、やり方がわからないことが多いので、最初はゴルフ経験者と同行して覚えることをおすすめします。

●クラブハウスに入る前に汚れを落とす

プレー後にクラブハウスに入るときは、靴やズボンについた汚れを落とします。クラブハウスの手前にエアガンなどが置かれているので、きれいにしてから館内に入りましょう。



グリーンでのマナー

グリーンはとても繊細なので、傷つけないように配慮します。

●グリーン上は静かに歩く

走ったり飛び跳ねたりすると芝を傷つけてしまうため、グリーン上は静かに移動しましょう。

●ボールマークを直す

ボールがグリーンにオンしたときにできるくぼみをボールマークといいます。ボールマークは、グリーンフォークという道具を使って平らに戻します。

●パッティングラインを踏まないように注意する

ボールからカップまでの軌道をパッティングラインといいます。他の方のプレーに影響が出ないよう、パッティングラインを踏まないように注意しましょう。

●カップの縁を踏まないように注意する

カップの縁はデリケートにできています。カップインしたボールを拾うときは、カップの縁を踏まないように注意して、少し離れたところから拾うようにします。



バンカーでのマナー

バンカーでは、以下のマナーを守りましょう。

●傾斜が低いところから入る

バンカーでは、傾斜が低くボールに近い場所から入ります。これは、傾斜が高いところから入ると危険なこと、また、土手のエッジを崩してしまうことがあるためです。

●足跡やショット跡をならしてから出る

バンカーの周辺にはレーキという砂をならす道具が置いてあります。打ったあとは、足跡やショット跡をならしておきましょう。


ゴルフ初心者のコース選びのポイント

ゴルフデビューではコース選びも重要です。初心者が安心して楽しめるコース選びのポイントを紹介しましょう。

高低差が小さくフェアウェイが広い

練習場ではうまく飛ばせるようになっても、実際のラウンドでは思ったようにいかないことが多いものです。コースの難易度が高いと、打ち損なったり、ボール捜しに時間がかかったりするたび慌ててしまい、リラックスして楽しめなくなることも。

フラットでフェアウェイが広いコースであれば難易度が下がるので、初心者のコース選びではチェックしておきたいポイントです。

練習場がある

ゴルフ場によっては、アプローチ、バンカー、パターなどの練習場を備えています。練習場があると、ラウンド前にコンディションを整えたり、気持ち的にも安心できたりするので、とくに初心者はぜひ利用したいところです。練習場の有無は事前に確認しておきましょう。

アフターゴルフを楽しめる

ゴルフにプラスアルファの楽しみがあれば、ゴルフライフがさらに充実します。スコアはいまひとつだったとしても、コースデビューの良い思い出として心に残るものです。

施設の充実度や食事の評判など、ゴルフ以外の楽しみがあるかどうかをチェックポイントに加えるのも、初心者のゴルフ場選びのポイント。女性なら、パウダールームやアメニティが充実していると優雅な気分も楽しめます。




コースデビューにおすすめ!『紫塚ゴルフ倶楽部』(栃木県)

(写真/紫塚ゴルフ倶楽部・早乙女コース)

栃木県さくら市にある『紫塚ゴルフ倶楽部』は、初心者から上級者まで楽しめる3コース・全27ホールからなるチャンピオンコース。温かな雰囲気でお出迎えするスタッフばかりなので、コースデビューの方にもおすすめのゴルフ場です。

高低差10mのなだらかなコース

(写真/葛城コース)

初心者でも挑戦しやすい高低差10mのなだらかなコースで、フェアウェイ幅は平均70m。戦略性に富んだケース設計のため、同行する方が中級者・上級者でも十分に楽しめる点もポイントです。

水しぶきを上げる噴水が人気の「葛城コース」、四季の花々が迎える「早乙女コース」、ウォーターハザードに挑戦する「氏家コース」と多彩。美しい景観とともに、ゴルフの魅力を存分に味わえます。

練習場を完備

(写真/練習場)

3つの練習用グリーンと、250ヤードのドライビングレンジを備えた練習場を完備しています。

支配人はティーチングプロのライセンスを持っているので、時間があるときはワンポイントレッスンをしてくれます。とても気さくで、お子様のレッスンも得意な支配人なので、初心者の方はぜひ気軽に声をかけてみてください。



温泉・グルメ・宿泊施設が揃いアフターゴルフも充実

(写真/大浴場)

(写真/クラブハウスレストラン)


ホテルとヴィラを併設する『紫塚ゴルフ倶楽部』は、アフターゴルフの充実度でも高い評価をいただいています。

クラブハウスでは、地下1300mから湧き出す良質な天然温泉でプレー後の疲れを癒やすことができます。女性用パウダールームは個室タイプで、バスローブも用意。ゆったりとした気分で過ごせます。

ランチでは手打ち蕎麦やサラダバー、ステーキ丼が人気。宿泊の場合は、季節の和食膳や鉄板焼きステーキコースなど、贅沢なディナータイムも楽しめます。

ゴルフにレジャーの楽しさが加われば、心身ともにリフレッシュできるとともに、仲間との交流も深まります。リゾート気分を満喫するなど、ぜひ、いろいろなゴルフライフを楽しんでみてください。

【問い合わせ先】

紫塚ゴルフ倶楽部

電話:028-686-3011 メール:info@murasakigc.com

【ご予約】



​お問い合わせ

TEL

028-686-3011(紫塚ゴルフ俱楽部)

028 612 4053 (Haga Farm & Glamping)

 

MAIL

info@reiwagolfresort.com(Haga Farm & Glamping)

お問い合わせ